文章などのテキストを印刷するとき、またはポスターなんかでもそうですが、一番気になるのはフォントについてです。フォントについて、どのくらいの人が気にしているのかわかりませんが、あれはかなり重要です。とくに素人ははりきって凝って失敗するか、または無頓着すぎて下手に見えてしまったりします。パソコンに入っているフォント、あなたはどれくらい知っていますか?たとえば漫画用のフォントなんかもフリーで色々と出回っていますよ。ゴシック体だけなのはかなりもったいないです。英数字なんか結構筆記体っぽいようなかっこいいフォントがたくさん入っているんです。フリーフォントも慣れてきたら検討してみると良いでしょう。商用使用も可のフォントって世の中にかなりたくさんありますよ。それらを知らないなんてもったいないと思っています。

いろいろな目を引く特殊加工印刷

印刷のプロは、やっぱり仕上がりが違うものです。自宅のプリンターで味気なく印刷してしまうなんてもったいない。同人誌をやったことがある人はちょっとわかると思うんですが、表紙に厚みのある「製本」された状態の本ってやっぱり立派で、手に取りたくなるものですよ。売れ行きもだいぶ違います。見てると、やっぱり、欲しくなるのは500円でもコピー本より立派な製本の本ですよね。もちろん、コピー本を否定するようなことはありませんが。私の一押しは箔押し加工ですね。とれも綺麗で、ワンポイントという感じであしらわれていると思わずため息が出てしまいます。消印みたいな趣があります。ちょっとでこぼこしたような加工ですね。手作業でつける方法もありますが、印刷所に頼むとやっぱり綺麗な仕上がりになります。同人誌は同人誌に長けているところに頼むのが吉ですよ。

印刷:プリンターの購入の仕方

今では色々と自宅で使えるプリンターがたくさん家電量販店に出回っていますね。3Dプリンターなども、個人で購入できるくらいに値段が下がってきたようです。プリンターが必要な人は学生や書類を扱う仕事についている人なんかでしょうかね。コンビニにたまに行って済むような人にはあまりおすすめしません。なぜなら、プリンターにはメンテナンスが必要だからです。ノズルがつまらないようにたまになにかプリントしてあげる必要があるのです。使わない方が劣化が激しい部分もあるのですよね。あとは、いろいろ価格帯のものがありますが用途に合わせて選ぶのが良いでしょう。デジタルカメラのデータのカラー印刷がしたいのか、文章が印刷したいのかで結構求めるクオリティは違ってきます。高いものの方が印刷が綺麗なのはいうまでもありませんが、コストパフォーマンスを考えるのも十分ありだと思います。

Leave a Reply