年賀状が配達されるのが待ち遠しくて

毎年年賀状販売の予約を開始する時期になると、いよいよ年末が近づいてきたと実感する人は多いでしょう。そして、少しずつ、今回はどんなデザインにしようかと考えはじめたり、ネットで検索し始めたりする人も出て来るでしょう。毎年毎年、面倒だといいながらも、やり始めると結構楽しいのが、この賀正の葉書印刷だったりするのではないでしょうか。そして、何よりも、1月1日、郵便配達の人が来るのが待ち遠しくて仕方がない、というのは大人になってからも消えない習慣ではないでしょうか。もちろん、正月には旅行をしていたり、故郷に帰っていたりして、自分宛の郵便物をチェック出来ない時もあるでしょう。その時はちょっと気になるのではないでしょうか。そして、自分の身内に不幸があって、自分は年末年始の挨拶を遠慮する状況などはちょっと寂しいと感じる時も実はあるのではないでしょうか。

年賀状っていいものですよね

近年、ネット社会になりつつあるこのご時世。元旦に年賀状が届くのを楽しみにしていた、子供の頃を思い出します。今ではスマートフォンなどの便利な物がでてきたので、メールで元旦の挨拶をすませてしまう人も中にはいるかもしれませんが、やはりその中でも年賀状が届くと物凄く嬉しくなってしまいますよね。相手の気持ちがこもっているというか温かさをすごく感じますよね。手書きの字も手書きの絵も、見ていると気持ちがほっこりしてしまいます。やっぱりあの年賀状が届く、あのわくわく感はほんといいものです。これからの次世代の人たちへもこの良さを伝えていきたいものです。そのためには、私たちが率先してこれからもずっと出し続けていきたいですね。今ではお年玉付き年賀になっているので、そちらも当たるかなぁと楽しみの一つです。正月から当たるとそれも嬉しくなっちゃいますよね。

年賀状にプラスアルファ。

年賀状のデザインインターネットでダウンロードする人は多いと思います。しかし、相手に思いを伝えるには手書きの年賀状に尽きると思います。少しばかり手間がかかると思いますが、手書きで年賀状をデザインすることを私はオススメします。私が今までしてきた工夫を紹介します。一つ目は、色ペンなどを使って、可愛らしくペイントすることです。『happynewyear!』の文字をオシャレにデザインしてみたり、クラッカーや可愛いキャラクターのイラストを簡単に入れてみるだけで、ぐっとオシャレな感じが増します。二つ目は、住所を書く側の面に漫画のワンシーンを描くことです。吹き出しのところに名前と住所が来るようにして、例えば『◯◯県◯◯市◯◯町の◯◯様に届けるんだ!』などと言った、漫画のセリフ風にしてみるととてもユニークになり、受け取った方にとって一生の思い出になるに間違いありません。しかし、住所の書き方にも決まりがあるので、よく調べてからやるようにして下さい。他にもたくさんの工夫がありますので、皆さんも自分だけの工夫を見つけてみると良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*